アルコールパッチテストでお酒の強さがわかります

 お酒の強さとは?

アルコールの強い人、弱い人などと言いますが、お酒を飲める飲めないは遺伝によって決まります。

日本人の約四割が、アルコールを分解し辛い体質と言われていますが、

アルコールパッチテストを行うことにより、お酒が強いか弱いかを知ることが

できます。

 

・アルコールパッチテストの方法

1. パッチテープ(薬剤のついてないガーゼ付きの絆創膏)に、市販の消毒用アルコールを、2~3滴しみこませます。
2. 1.を上腕の内側に貼ります。
3. 7分後にはがし、はがした直後(5秒以内)に、ガーゼが当たっていた部分の肌の色を見ます。
4. はがしてから、さらに10分後に、もう一度肌の色を見ます。

・アルコールパッチテストの判定

・ 肌の色に変化なし→ALDH2活性型(白型タイプ)

ガーゼをはがした部分が赤く変化しない人は、ALDH2酵素が、正常に働いているので、体内でアルコールを分解する力が強いタイプです。また、飲酒が原因の生活習慣病になりやすいのもこのタイプであり、度を過ぎるとアルコール依存症になる危険性も持ち合わせています。自分のタイプを理解し、飲酒を自重しましょう。

・ 肌が十分後に赤くなる→ALDH2低活性型(赤型タイプ)

ガーゼをはがした部分が赤く変化した人は、ALDH2酵素の働きが悪いので体内でアルコールを分解する力が弱いタイプです。飲酒すると頭痛や吐き気を引き起こします。大人になっても飲酒を上手に断るか、無理してお酒を飲む事はないように心がけましょう。

・ 肌がはがした直後に赤くなる→ALDH2不活性型
このタイプの人はお酒が飲めません。勧められても断るようにしましょう。
お酒を受け付けない体質の人が飲みすぎては、危険です。

参考資料
・ 現代医学50巻1号遺伝子予防疫学
・ http://www.suntory.co.jp/arp/patchtest.html
・ http://www.schoolpress.co.jp/kanren/arupati.htm

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

関連記事はありません

Menu

HOME

TOP