お茶で二日酔いに対処する

お酒を飲む前に、お茶を飲むと良いと言われています。

お茶が体に良いということはわかっています。

ではなぜお酒を飲んだ後にお茶を飲むのがよいのでしょうか。

may01_a30

お茶には、たくさんの栄養が含まれています。

<カテキン>

カテキンは胃の粘膜を保護する作用があります。

油っこいおつまみは美味しいですよね。

ですが、胃腸には負担がかかります。

ですから、カテキンで胃を守り、消化を促すことが大事です。

<ビタミンC>

お茶にはビタミンCが含まれています。

ビタミンCは二日酔いの予防に効果があります。

お酒を飲みすぎると、有害物質のアセトアルデヒドが増えていきます。

ビタミンCがアセトアルデヒドの分解を助けてくれます。

二日酔い予防の一助になりますね。

<カフェイン>

コーヒー紅茶と共にお茶にもカフェインが含まれています。

眠気覚ましにカフェインを摂るとスッキリしますよね。

カフェインにはアルコールによってマヒした脳の働きを整えてくれます。

また、カフェインには利尿作用があるので、有害物質アセトアルデヒドを

おしっことともに体外に排出してくれます。

更にカフェインには、アセトアルデヒドの分解を助けるブドウ糖を増やしてくれます。

<タンニン>

タンニンは、アルコールの吸収を抑えます。

また、カフェインと同様に利尿作用もあります。

 

お酒の後に飲むと効果的なお茶は?

90度~100度くらいの少しぬるめのお湯でお茶を煎れましょう。

カテキンやカフェインが多く溶け出し、二日酔いの対処法には良いですね。

また、カテキンには消臭作用があるので、口臭・体臭予防にもなります。

お茶に含まれている成分のビタミンCやカフェインにはこれらの様々な

メリットがあります。

辛い二日酔いにならないためにもお酒好きな方には外せない飲み物ですね。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

関連記事はありません

Menu

HOME

TOP