女性がお酒に弱い理由?

女性のほうがお酒に弱い、とは一般的なのでしょうか?

これは、体重が軽い人のほうが酔いやすいということが言えるからでしょう。

体重が軽ければ当然血液量も少なくなりますので、同じ量のアルコールを

摂取すれば、血液量が少ないほうが血中アルコール濃度は高くなります。

以上の理由で、女性のほうが体重が軽い=酔いやすいということでしょう。

女性ホルモンのエストロゲンは肝臓のアルコール代謝を遅くする、

と言われています。

エストロゲンが体内に多い生理前は、アルコール代謝が遅くなり、

そのために酔いやすいということなのでしょう。

体内のエストロゲンが減ると、お酒に強くなる人がいると言われています。

これは、つまり、女性らしさがなくなっているということでしょうか・・・

 

女性におすすめのアルコール摂取量は?

男性と同じ量のお酒を飲み続けた場合、女性は男性の半分の期間で肝障害やアルコール依存症になりやすいそうです。

  • 男性より体重が軽い
  • アルコール代謝が遅い
  • 男性より血液中のアルコール濃度が高くなりやすい

ということを肝に銘じて飲みましょう。

彼氏や旦那様の半分くらいが適量でしょうかね。

アルコールパッチテストでお酒の強さがわかります

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

関連記事はありません

Menu

HOME

TOP