美味しいお酒をいつまでも!年相応のお酒の飲み方

世界でも類を見ない超高齢化社会の日本。

お酒を健康にいつまでも美味しく飲めるのは非常に喜ばしいことですが、

高齢者によるアルコール依存症の問題もチラホラと。

年を取ると、若い頃よりもより血中アルコール濃度が上昇しやすくなります。

つまり、年を取るとお酒に弱くなるということです。

年相応の飲み方が必要ですね。

以下に、高齢者の飲酒に対する注意点を上げておきます。

  • 血中アルコール濃度が上昇しやすいため、気付かない内に酔ってしまうば場合がある。
  • 酔っ払って歩くと転倒事故につながりやすい。
  • 環境の変化がもたらす精神的な問題(近親者の死亡・定年退職)が飲酒量の増加や依存症の顕在化をもたらすことも。
  • 年齢とともに服薬の量が増え、飲酒による効果の増減の危険。

自己管理をしっかり行いながら、美味しいお酒を飲み続けましょう。

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

関連記事はありません

Menu

HOME

TOP